稲葉歯科医院 総入れ歯専門サイト
全国の患者様に対応可能
アクセス
03-3251-8660 総入れ歯無料相談

治療期間中はどうなりますか?歯のない期間はある?

入れ歯ができ上がるまでの仮歯について、よくご質問をいただきますので、少しお伝えしたいと思います。

総入れ歯は全ての歯を失い、しばらく時間が経っている方と、歯が残っている方とでは、同じ総入れ歯でも治療の期間や方法が異なります

しばらく時間が経っている方に対しては、さらに精度を高めるために、仮の入れ歯を作らせていただき、慣れていただくことから始めます。

咬み合わせの違い

傷口を待つ必要もないため、仮の入れ歯を参考にしながら、審美面、機能面の精度を高めます。

歯が残っている方は、歯を抜いてから歯ぐきや骨が綺麗に治るまで3ヶ月から半年かかる場合もあるため、その間過ごしていただく仮歯の役割が非常に重要となってまいります。

治療中であることを周りから悟られず、笑顔で過ごすことができるようにさまざまな工夫を

笑顔で過ごすことができるように様々な工夫を

歯を抜いたその日も・・・

「治療の過程で、歯を抜いた当日は一体どうなるの?」

とご心配される方もいらっしゃると思います。

大丈夫です。 当院の総入れ歯治療は、歯がない状態を作りません

歯を抜くことを想定して、事前に、歯の型とりをしておきます。今にも抜けてしまいそうな歯は、型とりで抜けてしまわないように寒天という材料で守ってあげながら、また万が一に備えて麻酔もし、丁寧に扱います。

『即時義歯(そくじぎし)』という、抜歯と同時に入れる入れ歯を作成します。

患者さまは入れ歯も初めてのため、その後慣れていただくための練習も一緒に行います。

歯を抜歯してから、最終的な総入れ歯の型とりを行うまでは、十分な時間が必要です。なぜならば、歯茎や骨がきれいに固まるまでに時間がかかるからです。

即時義歯(そくじぎし)は、模型上で歯を削り、想像しながら作るものなので、さらに精度を合わせるためには後日もう一度仮の入れ歯を作る場合もあります。

最終的な入れ歯ができ上がるまで、見た目に不都合がなく、噛める状態であることは大切なことです。

2日や、3日、即日にできる入れ歯治療もあるかもしれませんが、患者さまの満足度や精度の高さを出せるかどうかは疑問です。なぜならば、抜歯後の不安定な骨の状態で精度を出すことはできないからです。

(歯を抜歯してしばらく経っている方に対しては、顎の骨の状態は安定しているため、当院でも3日間コースがございます。)

治療期間中を通して、できる限りのサポートを

一番大変な思いをされるのは、やはり患者さまです。

歯を抜いて、初めて仮歯を入れるというのは、不安も大きいと思います。

患者さまにとって、最終的な入れ歯が入る前の期間も非常に大切な時間だと思いますので、できる限りのサポートをさせていただきたいと思います

〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル6F (大きい地図で見る)
総入れ歯ブログ