稲葉歯科医院 総入れ歯専門サイト
全国の患者様に対応可能
アクセス
03-3251-8660 総入れ歯無料相談

歯周病で歯が抜けた場所にインプラントはできますか?〜総入れ歯になることに抵抗があります〜

Q私はまだ40代ですが、重度の歯周病と診断されました。上の歯は数本残っているのでブリッジがかけてありますが、負担が大きいため、近い将来は総入れ歯になるといわれています。

総入れ歯になることに抵抗があります。歯周病で抜けた場所に、インプラントはできないのでしょうか?

A.数本の歯にブリッジをかけてあるということは、おっしゃる通り、かなり負担がかかっていると思います。

ブリッジを入れた当初はしっかりとしていたとしても、ブリッジが少しでも揺れはじめると、骨への負担も大きくなります。

これまで、取り外しができる部分入れ歯に抵抗があったからこそ、無理をしてでもブリッジで繋げておこうと思われていたのではないでしょうか。

抜けてしまう前に、まずはどのような治療方法があるのかをよく相談し、歯が抜けてしまう前にあらかじめ準備をしておくことが大切です。

歯周病で抜けた場所にインプラントを入れる事自体は可能です。まずは、インプラントができるように、骨を作ることから始まります。

しかし、重度歯周病により骨が薄くなってしまったところに骨を作るという事は、例えるのであれば、海の中に土を入れる埋立地のような状態です。

人工的に作った骨は、ご自身の元々の骨と比べて完全ではありません。

せっかく長い間治療をして骨を作ったとしても、ご自身の歯にあったことがまた繰り返される可能性もあります。(インプラント周囲炎)

総入れ歯と聞くとイメージが悪いと思われていると思いますが、総入れ歯はこれまでのお悩みを一瞬にして変えてしまう効果を持っています。

骨の薄くなってしまった部位に対して、内側から膨らみを持たせ、やせ細った顔つきから豊かな表情へ一気に変えてしまうことができる方法です。

ドイツでは、事故や病気で失った目や鼻、耳を復元する技術としてエピテーゼ(顎顔面補綴)が大変進んでいます。

歯も、「復元が必要な大切な器官」であることは同じです。歯周病などで残念ながら歯を失ってしまった方に、ご自分の一部として使っていただくのが、当院のシュトラックデンチャーと呼ばれる総入れ歯です。

シュトラックデンチャーは、インプラントに頼らずともその精度の高さで維持力をだすことが可能です。どの方法が最善かは、歯科医師とよく話し合って決めていただけたらと思います。

当院の総入れ歯について

〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル6F (大きい地図で見る)